ラパスで盗難・・・え、なんで?サブバックにパソコンがない!!

スポンサーリンク

ラパスで盗難・・・え、なんで?サブバックにパソコンがない!!

えと、タイトルの通り。

ウユニからラパス間の夜行バスでパソコン盗まれました…

 

 

ほんと、情けないし、悔しい。

 

 

 

あと、一か月で帰国だから気が緩んでたの?

 

ここまで、特に貴重品は盗まれなかったし、安心してたの?

 

なんで、こんな気をつけろと言われてる場所で、気をつけなかったの?

 

 

 

24時間前のお気楽ゆるゆるな自分に戻って言ってやりたい。

 

 

 

**********************************

 

 

私たちは昨日(4/11)ウユニにいた。

 

 

旅を進めるにつれて、あまりにも話題になりすぎて、なんだか流行りを追っかけてるみたいで、だんだん興味もなくなってきたウユニ。

だから、ベストシーズンも外したし、今年は雨量が少ないらしくて、あまり期待してないで行ったけど、、

 

 

それが、まさかの大当たり。
ここ最近で一番の天気だったらしい。

 

 

 

嘘みたいな鏡張りに、夕日に星空が1日目で見れた。

 

 

IMG_6519 (1024x683)

 

 

もう、それは本当に見たことのない世界だった。

 

 

IMG_8109 (1024x683)

 

 

今までの人生で最も美しかった夕日。

 

 

IMG_8224 (1024x683)

 

 

IMG_8373 (1024x683)

 

 

今までの人生で最も美しかった星空。

 

 

IMG_6670 (683x1024)

 

 

 

そんな大満足なまま、まさかの1日でウユニを出発。

次の目的地ラパスまで、夜行バスで移動。

 

 

 

高いバスと安いバスがあったけど、もちろん迷わず私たちは安いバスをチョイス。

だって、もう1年3か月も旅してればどんなバスだって耐えられるし、どんな環境だって寝れるもの。

 

 

 

 

この日のバスは、やたらと古くて、私たち2人と一緒に旅してる2人の日本人と同じバスに乗った。

2階建バスの最前列に日本人が4人並んだ。

 

 

 

私は最前列の一番右の窓側。

3列目以降は、階段を挟んでいたから、後ろには、席が一列だけあった。

 

 

 

広々とした一列目。

私は、サブバッグを自分の席の前に立てかけた。

その時、

 

 

鍵かけようかな…

 

 

て思ったけど、

 

 

一例目だしカバンを前に置いとけば大丈夫でしょ。

 

 

って言い聞かせて、貴重品入れだけ抱えてそのまま就寝した。

 

 

 

いつもなら絶対、サブバッグの上に足を置いて寝るけれど、今日は一列目。

足を思いっきり上に上げたり、椅子の上に全部あげたりして寝てた。

 

 

やっぱり一列目は広々してて快適。

 

 

 

 

 

 

夜中に隣のけいきが目を覚ます。

足元が動いたような気がして、私のカバンを気にしてくれたらしい。

 

 

 

小さいカバンある?

 

 

 

なぜか、貴重品を気にしてくれた。
もちろん抱え込んで寝てたから、

 

 

 

ここにあるよ。

 

 

 

と、伝える。

足元を確認すると、置いておいたカバンの場所が違かったけど、倒れたんだなーなんて思いながらいつも通り、足でカバンを抑えたまま就寝。

 

 

 

 

 

朝、自分のサブバッグを見ると、なぜかカバンが空いていた…

 

 

あれ?なんで空いてるんだろ…

 

 

と思ったけど、夜に上着を出したまま閉め忘れたのかなーなんて思いながら、バスターミナルに降りる。

 

 

 

 

 

朝5時、辺りは真っ暗。
バスターミナルで時間を潰すために、作りかけのマクラメを出そうと思って、サブバッグを開ける…

 

 

 

 

あれ、昨日入れたはずのマクラメがない。

 

 

え…

 

 

なんで…

 

 

どいういこと…

 

 

え…おかしい…

 

 

パソコンがない。

 

 

そんなはずない。

 

 

なんで・・・

 

 

私のMacがない・・・

 

 

昨日絶対ここにいれたし、バスで落ちるなんてありえない。

急いで、サブバッグの中身をひっくり返す。

 

 

 

このカバンには、大切なカメラも入ってる…

頭が真っ白なまま、カバンをあさると、カメラはあって、やっぱり、パソコンだけない…

 

 

 

 

やられた・・・

 

 

 

 

気づいた瞬間、いろんな不思議な現象がフラッシュバックしてきた。

 

 

 

 

自分の浅はかさと、悔しさと悲しさとなんだか言葉にならない気持ちだった。

 

 

 

 

後ろを振り返った時にいた、赤のニット帽子をやたらと深く被っていた人の姿を思い出した。

実はあの夜、夜中にけいきが起きた時、後ろでゴソゴソ音がしたので振り返ったらしい。

 

 

 

 

その時、後ろの人は横向きでなぜか頭を出して不自然な形で寝ていた。

 

 

 

 

気持ち悪っ、なんて思いながら私の貴重品を気にしてくれた。

 

 

 

そのあと、一度ライトが付いたらしい。

 

 

 

こんな時間に写真?

 

 

 

不審に思ったけど、今思えばそれは足元を照らしているライト。

 

 

 

 

気持ち悪かったので、けいきは私の足を掴んだらしいけど、

 

 

 

 

私は足なんて掴まれてない。

 

 

 

 

だってあの時私は、椅子の上に足を全部上げて寝てたから。

 

 

 

 

夜中にけいきが触った足は犯人の足だった。

 

 

 

 

私の座席の下に思いっきり足を伸ばして、私のカバンを自分の方に寄せて、ちょうど取りやすいパソコンだけすーっと抜き取った。

 

 

 

 

カメラはカバンの奥の方にあったし、
手前にあったパソコンを引っ張り出した瞬間、作りかけのマクラメも一緒にくっついてきたんだろう。

 

 

 

 

オンボロの車両は椅子の下のスペースもいつもより小さかった。

それが、私が今回、大丈夫だろう、って思った要因でもある。

 

 

 

たぶん、カバンをまるごと取れるスペースは無くて、カバンを開けてパソコンだけ抜き出すことで限界なスペース。

そんないろんな出来事がフラッシュバックして、

早朝のバスターミナルで涙が止まらなかった。

 

 

 

 

 

ラパスは気をつけな!と言われていたのに・・・

しかも、2回目だなんて・・・

 

 

 

 

もう情けないし、ほんとうに悔しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、お互い大切なものを少しずつ無くして、身軽になっての帰国。

 

 

 

 

それでも、私たちの無くしたものは、買い直せるものばかり。

本当に大切なものはきっと失ってないし、こうして、大切だと思うものを盗まれる度に、本当に自分にとって大切なものを考えさせられる。

 

 

 

 

 

ウユニの絶景も一生懸命写真に残そうとファインダーを覗いていたけれど、

そういえば、

 

 

 

2人で同じ流れ星を見ようって、同じ方向の星空を隣で眺めていた時間の方が今思えば大切で、

そんな時間をもっともっと大切にしていこうと、こんなことをきっかけにだけど、思った。

 

 

 

 

同じような写真は誰にでも取れるけど、その時、感じて、過ごした時間は元には戻らないのだから、

今はそんな時間を大切にしようと思う。

 

 

 

 

だからパソコンは日本で買い直す。
しばらくはノーパソコンライフを送ります。

荷物は減っていく一方だけど、身体や命の危機には遭遇してないことに感謝しないと。

 

 

 

 

あと残り1か月、気を抜くなよ、ってことだね。

うん、気をつけます。

笑顔で帰国します!

 

 

 

 

ブログはちょこちょこ途切れると思うけど、残り1か月の旅を楽しむことを最優先していこうと思う。

ラパス周辺のみなさん、気をつけて!

というわけで今から警察署に行ってきます。泣

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by しょう

    やられてしまったのですね・・・><
    気持ちとーーーっても分かります。
    もう悔しくて悔しくて戻れるものなら戻りたいっ!て思いますよね。
    それにしてもバスの中でも隙あらば盗ってくるなんて。。恐怖。

    でも、大切なものが見つかったのってステキです。
    何かを失うと、不思議と他のものが得られたりしますよね。
    警察がちゃんと対応してくれることを祈っています!!

    そして、ウユニの写真、とっても素敵です( ^ω^ )

    • by porori

      しょうさん
      返信遅くなってしまってすみません。
      そして、ありがとうございます。
      南米ってやっぱり怖いですね。お互い帰国まで気を引き締めましょうね。
      ウユニとっても素敵でしたよ!!

COMMENTS

*
*
* (公開されません)