【長野移住体験記①】

スポンサーリンク

【長野移住体験記①】

長野県上伊那郡飯島町にいます。

窓を開けると、中央アルプスが一望できます。

はー気持ちいいー!!

 

なぜ長野県上伊那郡飯島町にいるのか?

 

僕が借りているのは、飯島町が移住・定住促進のために提供しているトレーラーハウス。

トレーラーハウスを拠点に、長野にもうひとつの拠点を探しています(ちゃももね)!

トレーラーハウスの中はまるで新築のマンションのよう!

キッチン・お風呂はもちろん冷蔵庫や洗濯機、おまけに床暖房まで…!

冬季にトレーラーハウスに滞在するのは寒いようですが、これからの季節は過ごしやすい環境になるでしょう。

僕らは住む場所と、仕事を探しています。この辺りって仕事あるの?

 

地方は人がいないの…か?

 

役所の方から声をかけてもらい、滞在2日目から農家の草刈りのお手伝いをしています。

2日連続で手伝いに行ったのですが、「毎日でも来てほしいな…」とのことでした。

5月〜の時期は特に人手が足りないようで、農家の手伝いはたくさんあるようです!

 

この状態を…

この状態に!!

気合を出して草刈りに挑みました…が、腰が痛い。草刈り舐めてました…。

なまった体にはちょうどいいリハビリです。

 

2日間お手伝いした農家さんから帰りに、大量のアスパラをもらいました。

短くて出荷できないそうですが…八百屋の息子の僕でもびっくりの大きなアスパラです。

柔らかくてと〜っても美味しいかった!!!

 

こちらに滞在して気づいたこと

 

・日中に歩いている人がいない。

・夜道が暗すぎる。

・車がないとやっていけない。

・TSURUYA(長野のスーパー)の品揃えが良い、そして安い。

・近所に知り合いがいないと寂しい。

・農作業を手伝ってほしい人がいるので、すぐ働ける。

・ゴミ出しルールが厳しい。

WiMAXが快調。

・積極的にならないと地元の人と繋がれない。

 

 

滞在2日目の夜には、声をかけてもらい「蕎麦の会」に参加!!

初めての僕でも手取り足取り教えてもらえたので、なんとかきれいな蕎麦を打てました。

 

美味しかった〜〜〜!!

完成した蕎麦の写真は撮り忘れました。ふ。

 

おわりに

僕は先日インタビューした山中さんからいろんな人を紹介してもらっています。

誰も知らない状態でこちらに来たら、地元の人と知り合うきっかけ作りに苦労するのではないか思います。

移住する上で、お試しで住む期間相談できる知り合いの存在って大切だなぁと実感しました。

 

5月から7月末までこの上伊那エリアで新しい拠点と仕事をさがします。

今後、「長野で拠点をさがす」「長野で仕事をつくる」を発信していくのでお楽しみにー。

美しい伊那谷を見に来ませんか?

新宿から飯島までは高速バスで3時間半、片道3,000円〜。

(バスの予約はこちらからできます↓ )

是非遊びに来てくださーーーーい!!!!

スポンサーリンク

関連記事