トルコ(イスタンブール)滞在4日間まとめ【世界一周】

スポンサーリンク

トルコ(イスタンブール)滞在4日間まとめ【世界一周】

【2015/06】

トルコ滞在4日間(2泊4日)をまとめます。

僕は大学生の時に一度トルコを訪れていたこと、物価(特に宿代)が高いことから有名な観光地(カッパドキア・パムッカレ)には行かずに駆け抜けました。

 

滞在日数

4日(2泊4日)

使ったお金

382TL(17,840円)

無題

※1トルコリラ(TL)≒46円

 

移動費とルート

edit

バトゥミ(ジョージア)

↓国際バス:1人60GL(METRO/17時30分発→翌朝11時着)

イスタンブール/ヨーロッパ側のバスターミナル(トルコ)

バスターミナル
バスターミナル
IMG_4906
バトゥミからのバス到着場所(Metro)。近くにはAksaray駅があります。
IMG_4907
ズームアップするとこの辺りに到着しました。

↓徒歩で宿まで(僕らは宿まで歩きましたが、電車で移動したほうが楽です。)

イスタンブール市街

サビハギョクハン空港

↓空港バスを利用※行き方は下記の注意点にて説明します。

イスラエル(テルアビブ空港)

 

宿泊費(2泊)
134TL(6,260円)
1日@67TL(3,130円)

 

トルコの安宿紹介

【イスタンブール①】

ダブルルーム:61TL(※2015/06での価格です。)

朝食付き・シャワー、トイレ共有

 

値段:★★★★☆

イスタンブールはドミトリーでも最低20TL程度でした。

プライベートルームの最低価格は50TL程度はするので妥当な値段だと思います。

今回のイスタンブール滞在は短期間なので、値段よりも利便性を優先させました。

清潔度:★★★☆☆

部屋は狭いですが、きれいでした。トイレはトルコ式(和式っぽいタイプ)です。

立地:★★★★☆

少し距離がありますが、宿から徒歩で主な観光地に行けます。

ホテルからは電車の駅(徒歩5分)、トラム駅(徒歩10分)。サバサンドが有名な広場にも約10分で行けます。

宿の近くはリーズナブルな値段で食事ができる食堂もありました。(宿から大通に出る道の途中にあります)

Wi-Fi速度:★★★☆☆

部屋からWi-Fiが使えます。

ウェブサイト閲覧、ブログ更新は十分な速度でした。

オススメ度;★★★★☆

ドミトリーでもいい値段がするイスタンブールの宿で、個室・朝食付きでこの値段は悪くないと思います。

宿の入口が妙に狭く、エレベーターがないため出入りは苦労しますがそれ以外は問題ありませんでした。

1泊した後延泊しようとしましたが、すでに予約がはいっており延泊できませんでした。

予約して訪れたほうが無難です。

_DSC5641 (1024x683)
部屋は狭いです。
場所
場所
入口
入口
朝食
朝食

 

【イスタンブール②】

ダブルルーム:73TL(2015/06の価格です)

朝食付き・トイレ・シャワー付

 

値段:★★★☆☆

朝食付き(ビュッフェ形式)、バス・トイレ付

清潔度:★★★★☆

ホテル内は非常に清潔でした。

立地:★★☆☆☆

上記の『Hotel Kaya』の近くにあるのですが場所が分かりにくいです。

街の人に聞いても「わからない」と言われて困りました。

事前に場所を確認していってください。

Wi-Fi速度:★★★★☆

ウェブサイト閲覧、ブログ更新には十分なスピードでした。

オススメ度;★★★★☆

貧乏バックパッカーにとってはかなり高額な宿ですが、翌日の飛行機の出発時間が早かったこともあり、「電車乗り場から近い宿」ということで選びました。

従業員の方が非常に親切で、観光地の案内や空港への行き方等、非常に丁寧に教えてくれました。

※ちなみに僕らはエコノミールームを予約しましたが部屋が空いていたので上のクラスの部屋を使わせてもらえました。

入口
入口の前にはローカルな喫茶店があります。
タオルの置き方!!
タオルの置き方がホテル。
トイレもきれい
トイレもきれいでした。
アメニティ...
アメニティとか久しぶりです。
ブッフェ形式の朝食
ブッフェ形式の朝食。シンプルですが品数も多く満足です。

 

その他のイスタンブールのホテルはこちらから

 

食費

62.8GL(約3,400円)

1日@10.46GL(約570円)

 

観光費

100TL (約4,670円)

○地下宮殿(1人20TL)

DSC_0993 (1024x680)

○アヤソフィア大聖堂(1人30TL)

DSC_0033 (1024x680)
高い天井が印象的です。
DSC_0037 (1024x680)
でかいシャンデリアとして有名らしいでっせ。

○グランドバザール(無料)

_DSC5689 (683x1024)
入口はこじんまり。
DSC_0065 (1024x680)
中はとっても広いです。
DSC_0016 (1024x680)
こちらも非常に天井が高いです。

○ブルーモスク(無料)

おいしかったもの

ぽろりが食べたがっていたのがこちらです。

写真だとわかりにくいですが、ジャガイモにマヨネーズ・チーズ・コーンその他もろもろです。

じゃがバターのフル装備バージョンといっていいでしょう。

味は…予想を裏切らない味です。

※Ortakoy Sahil(オルタキョイ)って場所で食べました。

_DSC5677 (1024x683)
値段は15TL(700円)!!ジャガイモのくせにふざけてます。
注意点

○サビハギョクチェン空港までの行き方(アクセス)

サビハギョクチェン空港までの行き方がイマイチわかりにくかったので説明します。

選択肢としては…

①タクシー

②エアポートバス

が考えられます。

 

当然僕らは②エアポートバスを選びました。

 

僕たちは滞在していたホテルから近かったTaksim広場付近から出ているエアポートバスを利用しました。

その他の場所からも出ている様ですが、滞在しているホテルから一番近いのがこちらでした。

宿から電車でTaksim駅に移動。

駅から徒歩5分ぐらいの場所にエアポートバス乗り場があります。

僕らが乗ったバスは

9時10分発

9時50分着

でした。※飛行機は12時30分発。

※道路が渋滞した場合はさらに時間がかかると予想されます。僕らが移動したときは道路は全く混雑していませんでした。

料金は1人14TL

 

IMG_4904

IMG_4905

 

空港バスの時間
空港バスのタイムスケジュール。
空港バス
エアポートバス。
空港バスカウンター
空港バスカウンター。こちらでタイムスケジュールがもらえます。僕らは心配だったので前日に下見に行きました。
TKSIM
バス乗り場の隣にあるPOINTHOTEL。

 

感じたこと

イスタンブールは見事に観光地です。

トルコは「年齢を重ねてからでも訪れることができる場所」と判断して老後にまたゆっくり訪れることにします。

駆け抜けすぎたので、トルコらしさを感じることもありませんでした。

初めて海外を訪れる人には本当にオススメな場所です。

程よい海外感、程よい物価、程よい観光地です。

両親にオススメしたい旅行地です。

おばあさん。おじいさんになったらまた一緒に行こうね。

メルハバ!!

スポンサーリンク

関連記事

COMMENTS

*
*
* (公開されません)