ヨルダン滞在3日間まとめ【世界一周】

スポンサーリンク

ヨルダン滞在3日間まとめ【世界一周】

【2015/07】

実はもともとヨルダンは通過する予定でした。

ですが「イスラエルまで来たんだから…ね。」ってことで行くことにしました。

個人的にはインドのラジャスターンで砂漠っぽいところは完全に飽きていたのであまり興味がありませんでした。

あまり興味がない中で行ったヨルダン滞在4日間(3泊4日)をまとめます。

滞在日数

4日(3泊4日)

使ったお金

212.85JD(37,264円)
※1ヨルダンディナール(JD)≒175円

移動費とルート

36JD(6,300円)

edit (1)
ヨルダン移動経路

イスラエル・ヨルダン国境(エイラット)

DSC05881 (1024x683)
イスラエル側の国境。

↓タクシー/13JD(4人でシェア・二人で6JD)

DSC05884 (683x1024)
ヨルダン側の国境にあるタクシーの料金表。アカバまでの値段は書かれていません。

アカバ(ヨルダン)

↓乗り合いバス/1人5JD/13:30発→16:00着

※荷物台とかなんとかでお金を請求されましたが断固拒否しました。

ペトラ

↓乗り合いバス/1人7JD

アンマン

↓タクシー/10JD

Queen Alia International Airport

宿泊費(2人で)

30JD(5,250円)

1泊@10JD(1,750円)

ヨルダンの宿紹介

【ペトラ(ワディ・ムーサ)】

Valentine inn

ドミトリー:5.5JD

シャワー、トイレ共有

※キッチンはあるけど使えるかは不明。夕食は5JDでバイキング・食べ放題です。

値段:★★★★☆

ヨルダンもイスラエルと同様物価の高い国です。

その中で1泊5.5JDは安い方だと思います。

清潔度:★★☆☆☆

可もなく不可もなくといったところでしょうか...

きれい好きの人にはあまりオススメできません。

立地:★★★☆☆

ペトラ遺跡までは徒歩で行けます。

宿から送迎もありますがかなり時間にルーズです。計画的に行動したい方は歩いたほうがいいかもしれません。

バス停から宿まで無料送迎してくれます。

Wi-Fi速度:★★☆☆☆

共有部分でのみWi-Fiが使えます。速度はまぁまぁ遅いです。

オススメ度;★★★☆☆

従業員のおじさんがいちいち絡んできて面白いです。

人によっては好き嫌いが分かれるタイプの面白さです。

真剣に相手をしなければ楽しめます。

DSC05892 (1024x683)
色々な種類のバイキング。二日で飽きました。
面白い従業員のおじさん。
運転手のおじさん。
なぜかチャイをいれさせられたりしました。
なぜかチャイをいれさせられたりしました。監視付。

その他のペトラ(ワディ・ムーサ)のホテルはこちら。

 

【アンマン】

マンスール ホテル(コーダホステル)

ドミトリー:4JD

シャワー、トイレ共有

※キッチン有(僕らは使いませんでした)。

値段:★★★★☆

かなり安いと思います。

清潔度:★★☆☆☆

お世辞にもきれいとは言えないかな...

きれい好きの人にはあまりオススメできません。

立地:★★★☆☆

一泊しかしなかったのでリッチがいいのかよくわかりませんでした。

しかし、宿の周りには色々なお店がありました。

Wi-Fi速度:★★★☆☆

共有部分でのみでWi-Fi利用できました。速度は普通。

オススメ度;★★★★☆

従業員のルアイが最高に「いいやつ」でした。

たった一泊しかしなかった僕らでの「いいやつ」具合が抜群に伝わってきました。

僕は再びアンマンに行く機会があればまたマンスールホテルに泊まります。

 

アンマンのその他の宿はこちら。

 

食費

36.85JD(6,400円)

1日@9.2JD(約1,610円)

バレンタインインの夜ごはんがメインです。

その他はパンをかじってました。

観光費

100JD(17,500円)(1人50JD)

ペトラ遺跡の入場料です。

一生に一度は見たい世界遺産ですが、値段が高すぎます。

お金を天秤にかけるのは好ましくないですが費用対効果は悪いと思います。

どうでもいいけど高い。
どうでもいいけど高い。
存在感は抜群。
存在感は抜群。
DSC_0123 (680x1024)
改めて見るとやっぱりすごい。
注意点
  • エイラットの国境からアカバへ行くには、タクシー以外の移動手段がないので事前に仲間を募ってヨルダンに入国した無難です。(1人だとかなり割高です)
ヨルダンに行ってみて

ヨルダンで一番の山場であるペトラ遺跡。

感想は…暑かったです。

そういうことです。

ペトラより宿の従業員さんとの出会いや、他の旅行者との出会いの方がよっぽど楽しかったかも。

あ。死海は楽しかったよ。

 

スポンサーリンク

関連記事

COMMENTS

*
*
* (公開されません)