治安は世界最悪、物価は世界最安のベネズエラってどんな国?

スポンサーリンク

治安は世界最悪、物価は世界最安のベネズエラってどんな国?

しっかりと米ドルを下着に縫い付けて、バスに乗り込む。

違和感があって気持ち悪いけど、しょうがない。

 

 

だって、見つかったら、例え軍人だろうと、警察だろうと取られてしまうから。

そう、この国は、警察&軍人が腐っていることで有名。

 

 

治安は世界最悪。

 

 

首都のカラカスは、世界一殺人率が多い町なんだもの(戦地を除く)・・

こ、怖すぎる・・・

 

 

 

そんなに治安の悪い国なのに、頼りになるはずの警察と軍人が腐っているって・・・

もはや意味がわからない。

 

 

だから、警察や軍人にドルを取られないように、

女性はだいたい、水着や下着にドルを隠して、

男性1人の場合は、石鹸やシャンプーの中や、折り紙に紛れ込ませたり、いろいろ試行錯誤させながら、必死にドルを隠して、ベネズエラへと向かう。

 

 

 

大袈裟だな~なんて思ってたけど、

本当に実際周りで、ドルを取られた人もいたから、こりゃ本当にヤバい。

 

 

 

まずは、夜行バスで、ベネズエラに近いブラジルの町『ボアヴィスタ』に向かう。

それから、ベネズエラとの国境の町『パカライマ』へ。

 

 

DSC00711 (1024x683)

 

DSC00715 (1024x683)

 

DSC00714 (1024x683)

 

DSC00716 (1024x683)

 

 

ここから、国境までは徒歩。

なーーんにもない田舎町の道路をとぼとぼ歩いて、ブラジルの出国手続きを終える。

 

 

DSC00717 (1024x683)

 

DSC00718 (1024x683)

 

 

それから、またトボトボ歩いて、ベネズエラの入国手続きへと向かう。

その道の途中では、ブラジルのレアルとベネズエラのボリバルの闇両替屋さんがしつこくつきまとってくる。

そう、この国では闇両替をしないと大損、というかこの国に来る意味がない。

闇両替をすれば、物価は、

 

 

 

世界最安!!!

 

 

 

この国には、公式両替と闇両替があって、

公式レートは、国が定めているレートで、

 

 

2016.2 現在 1ドル=6.5ボリくらい

(2016.3.16 新為替制度が発表され、1ドル=10ボリバルに固定になったらしい)

 

 

だけど、経済破綻したベネズエラの国民はそのレートを信じてない。

そんな価値ないだろ?って・・

実際、闇で発表されるレートは

 

 

2016.2 現在 1ドル=1000~1200ボリバル

 

 

その差、なんと・・・

 

 

 

150倍以上!!!

 

 

 

闇レートはDolartodayというサイトで確認することができる。

だから、両替商のおっさんたちは、ツーリスト相手に、このレートよりちょっと安いレートで両替をしてくれる。

私たちが2016年2月で、実際両替したレートは、

 

 

1ドル=830~900ボリバル

 

 

実際より、200ほど少ないレートで。

だから、ツーリストは両替してくれる人をこっそり探さないといけない。

公にはできないけど、この国の人はみんな外貨が欲しいから!

 

一方、この国に来るツーリストは、米ドルを持って町中で闇両替をしないといけない。

例えば、100ボリバルのビールを買ったら、

 

正規ルートで換算すると、約1900円!!!

だけど、闇両替をすると、約12円ってことにになる。

 

 

 

 

なんだそりゃーーーーーーーーー

 

 

 

 

なヘンテコプライス。

ツーリストに取っては、とーーーーってもありがたい激安プライスになるってこと。

もちろん、闇両替は違法だから、公にはできず、こっそり両替しないといけないんだけど。

うん、なかなかリスキー。

 

 

 

それから、両替商の人並みを避けながら、ベネズエラのイミグレに向かう。

 

 

え?これイミグレ?

 

 

って感じの、小さなコンテナハウスで入国手続きを終えて、いざベネズエラへ。

軍人がウロウロしてるけど、特に私たちには関心を示さず、スルー。

 

コロンビアとベネズエラは仲良く無いけど、ブラジルとベネズエラは比較的良好な関係だからか、案外あっさりとした国境。

 

 

あ、あれ、あっけない。

あんなに必死にドルを隠したのに・・・

 

 

とにかくなにも無くベネズエラに入れて一安心したのも束の間、、

あれ、ここから町に行く手段がない。

タクシーが通ってるかな、なんて思ってたけど、全然通ってない。

 

 

あれ、困った。

 

 

とりあえず、ベネズエラの国境付近で座り込んでいると、隣のベネズエラ人が話しかけてきた。

 

 

お、サンタエレナに行くのか?

 

 

そうそう。タクシーを探してて・・・

 

 

なんて、言ったら、

おっさんが次に来た車を止めてくれた。

 

 

これに乗ってきな!!

 

 

って、おっさんありがとーーーーー!!

え、でもこれタクシーって書いてないけど、大丈夫?

 

 

よく見ると、ただの乗用車。

でも運転手のおっさんは、

 

 

乗ってきなーーー!!!

 

 

と、快く乗せてくれた。

そう、なんでもないただの通りすがりのベネズエラ人が私たちを町まで連れて行ってくれた。

しかも、ホテルの目の前まで。

 

 

なんだか、ビビっていたベネズエラだけど、あれ?人はとっても優しい?

そんな感じで、ロライマ山の拠点となる町、サンタエレナに到着。

 

DSC01530 (1024x683)

 

さて、まずは、闇両替屋さんを探して、一緒にロライマに登る予定の友人を待って、、

それから、この町・・・あ、あれ。

 

 

 

 

 

 

*2016年2月の情報です。

2016年5月現在、ベネズエラの情勢は更に悪化しているようです。実際、事件に巻き込まれているツーリストも多いです。物価や情勢は日々変わり続けています。ベネズエラを検討中の方は、よく情報を集めたうえで検討してみて下さい。

*********

FacebookTwitterInstagramでも更新中!

このブログは、世界一周ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

関連記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 治安は世界最悪、物価は世界最安のベネズエラってどんな国? […]

COMMENTS

*
*
* (公開されません)