私たちは、今日から「象使い」です

スポンサーリンク

私たちは、今日から「象使い」です

今日は、待ちに待った「象使い」の資格を取る日です。

 

転職活動でかなり有利になりそうな予感がします。

 

この日のために私たちは、象柄の服をカンボジアで購入し、日々脳内トレーニングをしていたのです。

 

それくらい楽しみにしていました。

 

象使いになるための手段は様々。

 

泊まり込みの”本気コース”と、私たちのように半日で取れる”なんちゃってコース”があります。費用も大幅に異なり、私たちは最安の35ドル!!!!!!!!

 

果たして、半日で1人前の象使いになれるのでしょうか。

 

 

到着すると、なんの説明も無く、すぐに象に乗ります。

 

 

椅子も着いてるし、2人だし、象使いの彼も一緒なので、安心です。

 

DSC03017-001

こんな感じで、楽しんでます

DSC03004-001

ほら、楽しそう。

DSC03005-001

まだこの時は、他の象乗り体験者と一緒に楽しんでいました。

 

これから地獄の特訓が始まるとはまだ知る由もありません。

 

 

 

続いて、餌をあげます。

DSC03033-001

まだ、かわいいです。

DSC03046

下から見るとしわくちゃです。

 

 

そのまま、象の指示の仕方を教わります。

カナダ人ご夫妻、中国人男性2人、日本の女子大生、そして私たちの7名で勉強です。

うち、資格取得を目指すのは私たち含む、日本人の3人。どうやら日本人はかなりの物好きで、資格が大好きなちょっと変わった人種なのかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

pai=進め!

pai qur=右へ

pai sai=左へ

 

など最低限の7つ程の単語を一瞬にして覚えます。

 

けーき氏は手の甲に書いてカンニングしてました。

カンニングって響き懐かしい!

 

 

 

 

で、いきなり一人で乗ります。

 

 

えええええええーーーーーー。

 

不安です。かなり不安です。

 

 

他の象やけーき氏の象には、まだ象使いが一緒に乗っていてくれているのに、私の象使いは、いきなり私を一人にします。彼は、かなり自由人で音楽を聞きながらの、ながら調教です。

 

 

DSC03061

早速、私は、習いたての象語を使わざるを得ません。

 

しかも、かなり腹から声をさないとこの象たちは聞いてもくれません。

これだけでかい耳してるのに聴力は弱いみたいです。

 

 

DSC03055

とにかく私の象モーガンはお腹が空いて、寄り道ばかりします。

しかも、平らな道より、でこぼこな道をあえて選ぶドSな象のようです。

 

坂を下るたびに本気で落ちそうになり、一人でギャーギャー言ってました。

 

でも、象から落ちても保険がでないとけーき氏が言うので必死にしがみつきます。

 

その様子を象使いの彼は楽しそうに見ていました。彼もドSです。

 

犬は飼い主に似るって言うけど、象も象使いに似るようです。

 

DSC03057

 こっちは優雅に乗っています

 

 

私は、だんだん、一刻も早く象から降りたい気持ちになり始めます。

 

でも、本当の訓練はこれからでした。

 

そう、最後の試練。

 

 

象と水遊び。

 

 

早めに出発した仲間たちの悲鳴が川から聞こえてきます。

 

そういえば、さっき、Born=Sprayって単語を教わったような・・・

 

なにやら象使いの彼が上着を脱ぎ、持っていたタバコやら携帯を置きに行きます。

 

嫌な予感が過ります。

 

メコン川に到着すると、先に到着していたけーき氏の楽しそうな悲鳴が聞こえます。

 

 

DSC03070

ぎゃっ!!必死に象にしがみつくけーき氏

DSC03069

ぎゃーーーーーーー

絶対入りたくない!!!!!!!!!

 

 

だって、このメコン川超絶汚いから。

 

汚いのは色だけじゃない。

 

プカプカと浮いている巨大な物体。

 

これは・・・・・

 

 

象の糞!!!!!!!!!!

 

 

 

ぎゃーーーーーーーー

 

 

つまり、落ちたら、象の糞まみれになるわけです。

 

DSC03073

おい!!頼むからわざと象を暴れさせないでくれ!!!!!!

 

 

先に川に入っていた中国人男性は自らダイブしてました。

 

もはや、頭がおかしくなった模様。

 

けーき氏も完全に象から振り落とされ、全身象の糞まみれになり、楽しそうにしてました。

 

みんな、象に乗ってメコン川に入ると頭がおかしくなるようです。

 

 

私は、必死にモーガンにしがみつき、振り落とされること無く、肩までの犠牲で済みました。

 

 

 

DSC03075

なんだか謎な風景です

 

 

 

このツアー特に持ち物は提示されていませんでしたが、

これだけ糞まみれになるならば、着替えとタオル必須と書くべきだと思います。

 

 

タオルも着替えも無い私は、このままお昼のチキンライスを食べます。

 

 

昼食後、もう1回象に乗り、これにて訓練は終了です。

 

 

ちなみに、この最後に私が乗った象は最強に暴れん坊で、本気で振り落とされるところでした。たまたま後ろにいた象使いが押さえてくれたので助かったけど、彼がいなかったら今頃象の下敷きになって、日本に帰国していた気がします。とにかく、

 

 

私たちは、今日から「象使い」です。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちょっと象に乗りたいなーという気分になった方は相談してください。

私たちが先導します。

 

でも、私は2度と象に乗らない気がしています。

 

履歴書に書く日が楽しみです。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 私はとっさに象使いの免許を取った時のことを思い出しました。 […]

COMMENTS

*
*
* (公開されません)